header image
 

資産運用はリスクヘッジですよ

グッドアフタヌーン(気取りすぎ?今日も来てくれてありがとう。

「投資にリスクはつきもの」という言われているように、投資にはリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)がある事は間違いありません。

これは、リターンを求めるのであれば、仕方のない事です。

もし、リスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)を負わないような資産運用(資産を貯蓄・投資して、増やすことをいいますが、失敗すると減ることになります)を希望するようだったら、その投資先は定期預金や個人向けの国債と言う利回りでリターンを得るしかないでしょう。

但し、リスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)を負わない投資の場合、そのリターン値は本当に微々たるだといえるでしょう。

それでは、出来るだけリスクを低くして投資を行うようにするには、一体どうすればいいのでしょう。

まずは、頻繁に言われているのが、リスクを分配する事、つまり、分散投資をする事によってす。

投資先を1点に集中やっていると、それがダメになった場合、あなたの資産は全て無くなってしまうようです。

そういう事を避ける為にも、リスクを分配しておくのが基本中の基本となります。

具体的にいえば、株式ならばひとつの企業に投資を行うのではなく、異業種の株式にいくつかに分けて投資を行い、FX(外貨を保有することで金利をもらえる可能性もありますが、逆に支払う可能性もあります)の場合には複数の通貨ペアに投資を行うようにします。

また、運用先に関してもそれぞれに特徴があるため、株式の場合は株式投資(主婦が夫の収入以上の利益をあげた!なんて本がよく売られていますね)だけ、といった1つに絞る必要は全くないでしょう。

株に興味(色々なことに持てるのはとてもいいことだといわれていますね)があって自分でも運用してみたいけれど、資産(何割かを自己投資にまわすことでさらなる発展に繋がるといわれています)の半分は投資信託(購入する前に慎重に検討して、自分の要望に合ったものを自分で選ぶことが重要でしょう)で資産運用(様々な方法がありますが、リスクが低いとリターンも低いのは共通しています)のプロに任せてみようなんかの投資方法も、当然ですがアリです。

このように、複数の資産運用(大きな利益を得るためにはリスクも大きくなりますから、それなりの覚悟が必要です)方法を分けて投資する事も、リスクを低く抑制するためには重要な事だと言えるでしょう。

お気楽リンク集!!
成功するダイエットとは?
さちこのブログ

というわけで、・・・と、書いてみるテスト

~ by fall on 2012 年 9 月 3 日.

Comments are closed.