header image
 

顕微授精ってご存知ですか?

オハヨー!今日も読んでくれて感謝です。

不妊治療をはじめてもなかなか妊娠出来ない場合や、不妊に何かの原因(もちろん改善できない時もあります)が見つかった場合には、人工授精を勧められるケースがあるんでしょう。

けれど、人工授精と言われても、なかなかピンと来るものではありませんよね。

それでは、人工授精とは一体どのくらいの不妊の治療方法なのでしょう。

まず、簡単に説明するなら、人工授精とは女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)の排卵予測日に、事前に男性から採取していた精液の中から活動が活発な精子のみをより分け、カテーテルを使って女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)の子宮内に直接注入する治療法です。

元気な精子を選別して卵子が受精しやすいところに直接注入を行うため、タイミング法よりも妊娠しやすいと言われています。

この人工授精は、子宮頚管の中の粘液分泌が正常ではない場合や、男性の精子が少ないか、または無精子の場合にも行われます。

その他にも、EDや女性(ならではの視点が貴重なこともありますが、逆にマイナスとなることもありますね)器異常等という性交障害の場合に、有効な不妊治療(まずはタイミング法から行うケースが多いでしょう)の手段だと考えられています。

また、人工授精には次の2種類があり、
・夫の精子を使用して行う人工授精・・・AIH(配偶者間人工授精)
・夫が無精子症(通常の検査の他に、精巣生検、男性ホルモン検査、超音波検査、染色体検査、責任遺伝子検査などを行うこともあるようです)であるなら夫以外の精子を使って行っている方工授精・・・AID(非配偶者間人工授精)
に分けられます。

人工授精で妊娠する確率は、4回行って九割以上である事をひとつの目安として考えておくといいでしょうね。

もし、この回数以上試してみても妊娠出来なかった場合には、次の不妊治療(冷え性の改善が良いとされますが、男性が熱すぎるお風呂に入るのは良くないようです)へ進む事も視野に入れておいて下さい。

きょうのお役立ちサイトの御案内コーナー。

美白のシュミレーション

肌のたるみにご注意を!

手汗と汗かきの原因と対策

生活メモ~にんにく卵黄~

てなわけで、とっぴんぱらりのぷう

~ by fall on 2012 年 10 月 1 日.

Comments are closed.