header image
 

あがり症の原因ってなんでしょう?

オハヨーコーラス(*^д^)(*^д^)(*^д^)ォ’`ォ’`♪、今日も頑張ってますか?

あがり症になる原因(どう頑張ってもわからないことも少なくありません)には、一体どういうものが?

あがり症の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)といわれるものは様々なものがあるとはいえ、どれも不安に思う気持ち(日記を付けることで整理しやすくなるはずです)が根本にあるとされています。

例えば、過去に大きな失敗をしてしまうと、また同じような失敗をしてしまうのではないだろうかと不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)に陥ってしまい、あがり症の症状を引きおこしてしまうことがあります。

失敗をしてしまうと言った悪いイメージを頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)の中で想像してしまい、その想像が大きく膨らんでしまって離れなくなり、失敗することが当然の様に思えてしまう悪循環(負の連鎖という表現もありますね)に陥ってしまうはずです。

そういうマイナスの自己暗示が、極度の緊張と不安を招いてあがり症になっていくかもしれませんね。

また、今まで経験(これが邪魔をして新たな一歩を踏み出せないこともあるようです)したことのないことや慣れていない事をしようとするときは、まず最初に誰でも不安に感じる事です。

自分はきちんとできるのか、やり遂げられるのか、そのような不安に陥り、あがり症の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を引き起こしてしまうこともあります。

特に、日ごろから苦手意識(高く持たないと成長できないといわれています)を感じて、出来るだけ避けてきたことに直面すると、あがり症の症状が強くあらわれる事もあるかもしれませんね。

最後に、プライドが高い人や責任感が強すぎる人もあがり症を引き起こしやすいになっているでしょう。

プライドが高い人は、自分を良くみせようとか、恥をかかないようにしようという気持ちが強くなりすぎてしまい、失敗に対して不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)と恐怖を抱き、あがり症を引き起こすのです。

責任(具体的には色々な取り方があるものですが、辞任する、辞めるという取り方も少なくないですね)感の強すぎる人も、失敗行うことに強い拒否反応を持っており、ムリをし過ぎてあがり症を引き起してしまうことがあります。

お役立ちホームページ!!

肩こりの解消方法とは?

肩こり改善の広場

難聴注意報

ではでは、とっぴんぱらりのぷう

~ by fall on 2012 年 10 月 8 日.

Comments are closed.